楽農ファームたけした

楽農ファームたけした日記

農場で苺を育てるみんなの声や最新情報などをお届けします。

2020/01/15 by 武下 浩紹 カテゴリー:あまおう | お知らせ | 苺農家一億円へのチャレンジ

【今しかない大玉の魅力、いちご農家の本音 】

いつが一番美味しいですか?

その質問はよくいただきます。

生産者的にはシーズンを通じて味を保っています。。

と言いたい。 
気持ちはそう。 
プロですから。

でも環境的に適した時期ってあります。

冬至が終わって、
太陽の角度が上がり基調になり、
日照時間がだんだんと伸びだし、
でも気温は冷える。

日中の日差しも強くなりつつ、
でも外気が冷たいから、

ハウス内の温度を
22度の適温に保ちやすい。

かつ水温管理も低いがゆえに
15度の適温にしやすい。


ハウス内気温22度 
夜間温度10度
水温15度から18度  
土の温度も同じ

この環境、
私が思うベストな状態。


これを生み出しやすいのは
1月から2月中旬

2月下旬から3月は寒いけど、
日差しが絶好調だとハウス内が
25度を超えてきます。


するとだんだんと
品質も下がり始める。

なぜ


体が一気に成長へ踏み込むので、
肥料の吸収、消化のバランスが変わるんです。

そこからが農家の個人の差が思いっきり出ます。武下さんちのあまおう私はそのタイミングを
過去何度もやり損なって、
味を落とし、
出荷を止めてきました。

ちょうどホワイトデーのころ!

3月上旬は私にとって悪夢の時期


10年苦しみました。 

今でも怖いです。 

完璧じゃないです。 

だから成長がある。

1月の管理と肥料の濃度を全く変えます。


環境が別物になるから、
管理もガラッと変える必要があります。

ですが、

2月中旬までは、

めちゃ超大玉の味も良い状態が

この九州の福岡の筑後平野の
我が島!大野島は作りやすい。


今、この時期、
ほんとに超大玉の
5Lサイズがまだごろごろ

一番お世話になってる方に
「5Lサイズ9玉入り最高峰ギフト」

4Lサイズでもとても希少なんです。 
でも5Lは次元が違います。
ほんとこの時期しか取れない。

1月末まで大玉祭り続行!

ホームページの会員登録お待ちしてます!

https://www.happy15.jp/

あまおう農家

ファーム日記トップへ戻る

楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト
楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト

苺狩りの感動をそのまま。

楽農ファームたけした

〒831-0045 福岡県大川市大字大野島427-1

TEL:0944-87-8133(平日9:00~17:00) | FAX:050-6865-6863(24時間受付)

MAIL:rakunoufarm@happy15.jp