楽農ファームたけした

楽農ファームたけした日記

農場で苺を育てるみんなの声や最新情報などをお届けします。

農薬使用とその後の対応についてのお知らせ

2020/02/10 by 武下 浩紹

結論から言いますと、

一部のハウスが癌に侵されました。

今までの手法が効きません。 

このままだと全滅する恐れがあるので、いったん抗がん剤を用います。  

その後に自然治癒力回復の処置をとります。

ですのでこれまで同様のギフト発送を継続いたします。

ご心配おかけしてすいません。

出荷は生産者の誇りにかけて安心を厳守し継続します!

以下その内容を詳しく説明しています。

今まで11月初旬のビニール被覆以降は農薬を使わない手法で栽培をしてきました。

いろんな天然資材と天敵昆虫を使い合わせて、潜り抜けてきましたが、

それでも被害は出てました。

ただその被害は株ごと切除、撤去することで対処してきましたが、あくまでそれは3月とかの話。

苺の収穫シーズンは5月までなので、3月に病害虫が出たらしょうがないと。。

がんの摘出手術のごとく、心傷むけど、根元から撤去してました。

 

しかし、今年は状況が違う。 1月の末でうどんこ病という一種のカビですね、これがどんどん拡散していき、あっというまにハウス内で転移してしまいました。

これはほっとけば全滅するかもしれない恐怖すらあります。

ここは経営者として決断するとき。

 

うどんこ病対策の農薬を用います。 使用する農薬はこれです。

詳しくは下記のリンクにあります。

https://www.nippon-soda.co.jp/nougyo/seihin/torifuminsp.html

選択理由と特徴はこれです。

  1. 予防効果と治療効果に優れ、病斑の拡大阻止力や胞子形成阻止力があります。
  2. 浸透性に優れるので、散布後に降雨があっても効果にほとんど影響がありません。
  3. 他剤耐性菌にも優れた効果があります。
  4. 低濃度で効果が持続し、作物に対して汚れの少ない薬剤です。
  5. 作物に対して薬害の心配が少なく、また人畜・水産動植物・ミツバチに対しても毒性が低い殺菌剤です。

 

このほか、ダニも発生しています。

切除が追いつきません。 今年は天敵昆虫が負けている。。

これもいったんリセットする決断をしました。

使用する農薬はこちらです。

●有効成分であるミルベメクチンは微生物が生産する天然物なので、「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」において、化学合成農薬にはカウントされません。ただし、地方自治体が独自に定める農薬使用基準ではカウントされる場合がありますので、必ず地方自治体の関係機関に確認して下さい。
●速効性に優れ、卵~成虫まで効果があり、チャノホコリダニ・ミカンサビダニ(かんきつ)などに登録があります。

詳しいリンク先はこちら

http://www.mitsui-agro.com/product/tabid/86/pdid/19656/type/1/Default.aspx

 

 

 

もちろんこれだけにとどまらず、この散布をした後に、そのあと、収穫前に光触媒、酸化チタンで農薬成分の分解をはかります。

その資材がこちら。

以下製品説明

『トリニティ』は、人体や環境にまったく害の無い、生態融合型の触媒です。
水(水道水)に溶かして使用します。特殊な溶剤などは、不要です。
人体、植物、動物に対して、安全であるため、取扱いが、とても簡単で、他に類を見ないほど、効率的な触媒効果を発揮して、あらゆる化学物質を分解し、自然に戻してくれます。
しかも、触媒ですから、その働きは止まることがありません。
私たち人間が、今まで地球環境に放出した、ありとあらゆる化学物質を分解、浄化し続けてくれるのです。

その強力な働きにより、製造業、加工業、飲食業、美容業、農業、水産業などなど、人や環境に対して有害な化学薬品を使用する、あらゆる産業での、健康上の問題、環境汚染の問題などを解決してくれます。
そればかりか、すべての産業を現在の“環境破壊型”、“環境汚染型”から、稼働すればするほど地球の環境が浄化される『環境浄化型』に転換することができる夢のような物質です。

以上が概要   詳しい情報は下記のリンク先

http://www.aquaproject.co.jp/trinity/

以上、苦渋の決断ですが、農薬は毒じゃありません。

ただそういうイメージが先行しているから、お客様の視点に立てば、使わないにこしたことはありません。

しかし、このままでは成り立たなくなってしまう。

正しく使う。 しかも中身をしっかり吟味して、そのあとの浄化もしっかり実行します。

皆様のご心配を少しでも軽減できるように、この情報でも疑問点のある方がご連絡ください。

私のありったけの知識ですべてお伝えさせていただきます。

皆様の人生をより豊にしていく。当社が生み出す苺はその理念に向かって最善を尽くします!

そしてもっと苺づくりを勉強します! 

この悔しさを忘れない。さらなる飛躍にします!

令和2年2月10日の決意 代表 武下浩紹

ファーム日記トップへ戻る

楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト
楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト

苺狩りの感動をそのまま。

楽農ファームたけした

〒831-0045 福岡県大川市大字大野島427-1

TEL:0944-87-8133(平日9:00~17:00) | FAX:050-6865-6863(24時間受付)

MAIL:rakunoufarm@happy15.jp