楽農ファームたけした

楽農ファームたけした日記

農場で苺を育てるみんなの声や最新情報などをお届けします。

いちごの値段が高いのはなぜ?食べてみたい、と思わせる理由

2020/05/26 by 武下 浩紹

写真:楽農ファームたけしたがつくるいちごのあまおう

こんにちは!楽農ファームたけしたです。

今回はいちごの値段について。いちごの中でもあまおうは比較的値段の高い印象を持っている方が多いと思います。そんなあまおうはなぜ値段が高いのかご紹介します。

いちごはか弱い女の子

フルーツの中でも圧倒的な人気を誇る「いちご」。

最近ではSNSも主流となり、その真っ赤でころんとしたフォルムからインスタ映えになる果物としても投稿されています。
ハウス栽培が主流となり、いつでもたくさん食べることができるイメージですが、いちごは非常にデリケートな果物なので、生産のハードルが高いと言われています。
適したいちごを育てるためには、水分量の調節はもちろん、温度や湿度管理など色んな条件をクリアしないと高品質ないちごの生産は難しいのです。

それほどいちごは繊細で、か弱い女の子なのです。

値段が高くても食べてみたい!大粒「あまおう」

写真:楽農ファームたけしたの大粒なあまおう

いちごの中でも人気の高い「あまおう」。

県内外からも購入される方も多く、さらには色んな企業もあまおうを使った商品を出しています。
それほど人気の理由は、その大きさと甘みと酸味のバランス!

手に乗せた時に「ずっしり」感。500円玉ほどの大粒あまおうは他品種とは別格です。

サイズが大きいとその分甘さが少ないと思われるかもしれませんが、その名の通り果汁の糖度が高いため、甘みと酸味のバランスが絶妙です。

世界最重量のいちごとして、博多あまおうのいちごがギネスワールドレコーズに認定されています。

引用元:32年間保持され続けていた世界最重量の苺(最も重い苺)の記録、日本から新記録 | Guinness World Records

その分価格が少々高いですが、食べてみたいと思われる所以はそこにあるのです。

楽農ファームたけしたのあまおうは本物の「完熟」だけをお届け

写真:楽農ファームたけしたが行う梱包されたあまおう

本物の「完熟あまおう」だけを、本物の「完熟あまおう」のために、
完熟ギリギリまで育てあげ、朝に採れたあまおうだけを直送しております。

味が濃く、ふっくら大粒の果実。お皿に盛ると、宝石のように華やぐ
ギフトのために育てた大人のフィンガースイーツです。

お客様の目の前に届くまで気を抜かない

一般に店舗に出荷されているあまおうは、出荷しても傷つきにくい完熟前の“硬め”のいちごが多い。
楽農ファームたけしたの「完熟あまおう」は、その瞬間にしか食べることのできないとってもデリケートな完熟状態。
だからこそ出荷の時期もじっくり見極め、摘み取り、梱包から配送も慎重に丁寧に行います。
味、鮮度、だけでなく、配送して、お客様の口に入るまでを想像してお届けしています。

あまおう商品はこちら

ファーム日記トップへ戻る

楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト
楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト

苺狩りの感動をそのまま。

楽農ファームたけした

〒831-0045 福岡県大川市大字大野島427-1

TEL:0944-87-8133(平日9:00~17:00) | FAX:050-6865-6863(24時間受付)

MAIL:rakunoufarm@happy15.jp