楽農ファームたけした

楽農ファームたけした日記

農場で苺を育てるみんなの声や最新情報などをお届けします。

快気祝い? 快気内祝い? ちょっと間違えやすいマナーについて

2020/09/16 by 武下 浩紹

こ‌ん‌に‌ち‌は!‌楽‌農‌ファー‌ム‌た‌け‌し‌た‌で‌す。長い人生、時には入院……という事態も起こりえます。もちろんそんな時には焦らず、ゆっくり。休息の時間をもらったと考え、新たなスタートに備えましょう。そして、再スタートの暁には、お世話になった方にお礼を贈りましょう。というわけで、病後の贈り物に最適な商品選びと、贈る際のマナーについてご紹介いたします。

実は難しい、快気祝い

以前、こちらのブログにて、”結婚内祝い”や”出産内祝い”について書かせていただきました。その際に、以下のようにご説明していたかと思います。

〇〇祝い

周りから、本人へ向けたお祝い。

〇〇内祝い

本人から、周りへのお返しやお礼。

こちらは、もちろん間違いではありません。その通りです。
ただし、”快気”関連に限っては異なります。間違えないように気をつけて欲しいと思います。

そもそも快気祝いとは、どのような物なのでしょうか。
例えば、「病気やケガをしていたけれど、良くなりました。その喜びをおすそ分けしますね。」というものだったり、「病気の間、大変お世話になりました。」や「お見舞いの品、ありがとうございます。」といった状況の下、使われるお祝いとなります。
そのことを踏まえて、以下を見てみてください。

快気祝い

本人から、周りへのお礼。全快した時によく用いられる。

快気内祝い

本人から、周りへのお礼。快気祝いに比べると”ささやかな”お祝いということになり、「良くなってはいますが、まだ療養します。」という時に用いられる。

 

”快気”に至っては、祝いでも内祝いでも、どちらも本人から行うものとなっています。

では改めまして、周りから本人へ贈る場合には、何と書けばいいのでしょうか。
それは、”お見舞い”と”退院祝い”です。
入院中である場合には”お見舞い”を使用し、退院後や入院中にお見舞いが間に合わなかった場合、自宅療養中などの際に”退院祝い”を用います。
間違えやすい部分なのですが、とても大事なお祝いです。間違えないように使っていきましょう。

快気祝い・快気内祝いにピッタリの贈り物とは

病気やケガが治ったことを祝うための贈り物には、消えて無くなるものを選ぶのがマナーです。これは、残らず、なくなるものであることが、病気やケガの消滅を祝うということに通ずるからです。
マナーは難しく、時には面倒に感じてしまうこともあるものですが、なぜこうなったのかを考えると、そこにあるのは”優しい気持ち”なんですよね。
マナーに沿った上で、喜ばれる素敵なお品を選びたいものですね。

楽農ファームたけしたの、オススメNo.1『快気祝い・快気内祝い』

完熟あまおうのフリーズドライをオススメしたいと思います。
こちらは、フレッシュのままでもギフトが可能な大粒の完熟あまおうにフリーズドライ加工を施した商品。90%の水分を失ってもなお大粒で、迫力さえ感じます。そしてひとくち頬張ると、サクサクなのにフルーティ。きっと感動いただけるはず。
そして、箱にもこだわっています。ホワイトのカラーは明るい未来をイメージさせ、ワッフル加工の高級感ある雰囲気で感謝の気持ちを丁寧に伝えます。
快気祝いや快気内祝いに、自信を持ってオススメできるギフトです。

VIPボックス 完熟あまおうフリーズドライセットを見る

ファーム日記トップへ戻る

楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト
楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト

苺狩りの感動をそのまま。

楽農ファームたけした

〒831-0045 福岡県大川市大字大野島427-1

TEL:0944-87-8133(平日9:00~17:00) | FAX:050-6865-6863(24時間受付)

MAIL:rakunoufarm@happy15.jp