楽農ファームたけした

楽農ファームたけした日記

農場で苺を育てるみんなの声や最新情報などをお届けします。

嫁ぐ娘を見送るような、そんな気分の出荷です。

2021/01/07 by 武下 浩紹

あけましておめでとうございます!楽農ファームたけしたです。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします!ブログは今回が新年初回となりますが、出荷はすでに始まっております。「多くのご家庭で、皆さまに幸せをお届けできているのかな」と思いながら、今回は、出荷までのスタッフの気持ちについて、ご紹介いたします。

楽農ファームたけしたにとって単なる農作物ではない、あまおう

当たり前のことですが、あまおうの収穫の様子は、毎年変わります。豊作の時があれば、不作の時もある。大玉がわんさか実る年があれば、思い通りにはいかない年もある。年ごとの個性だと言えばそれまでなのですが、お客様がおられる以上、「できなかったね」では済みません。毎年、期待に応えられるレベルにまで、必ず引き上げる必要があります。だからこそ、毎年試行錯誤を重ねます。日々、楽農ファームたけしたは成長し続けているのです。

すると、そんな想いの中で実るあまおう達に、並々ならぬ思いが募るのも当然のこと。
真っ赤に大きく実ったあまおうには、「よく頑張ったね!」と感じますし、小ぶりなあまおうには「可愛いね!」と目を細めます。収穫の日を迎え、箱詰めが終わる頃には、より美しくなった我が子を見守る親の気分に浸ることになります。
そしてついに、発送の時。トラックに乗り込むあまおう達は、どれもすべて愛する我が子であり、それはもう、嫁ぐ娘を見送るような気分。
こう感じているのは、私だけではありません。楽農ファームたけしたのスタッフ全員が同じ想いを抱え、収穫の日々を過ごします。

楽農ファームたけしたにとってあまおうとは単なる農作物ではない、かけがえのない存在なのです。

お客様から頂くお褒めの言葉は、至福のひととき

あまおうをお届けしたお客様より、お褒めの言葉を頂くことがあります。
「美味しい!」との感動の声だったり、「大きい!」と驚きの声だったり、あまおうと一緒に写った写真が添えられていたりと、お客様から様々なお声が届くことは、私共にとって、何よりのご褒美となっています。

私は、人の喜ぶ姿を見るのが大好きです。すべての行動が、「こうすると、きっと喜んでもらえるはず!」という思いから派生しているのだと言っても、決して過言ではありません。
好きなことをするのは楽しく、苦ではありませんし、継続できます。そして、その”継続”がまた、より素晴らしい結果を生み出していくのだという、素晴らしいスパイラルの中に楽農ファームたけしたはいるのだと感じています。

今、あまおうは、お嫁入りの真っ只中です!

楽農ファームたけしたは、今、収穫の時。毎日、多くのあまおうが収穫され、各々の箱に詰められてのお色直しの後、お客様の元へ嫁いでいきます。

今回、そのたくさんの中よりご紹介するのは、桐箱入りのギフト。これぞ、最高の晴れ着と言える逸品です!
新年度、あらゆる門出を迎えるであろう方に、自信を持って使って頂ける内容です。ぜひ、ご利用ください。

最高の晴れ着に身を包んだあまおうギフトを見る

ファーム日記トップへ戻る

楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト
楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト

苺狩りの感動をそのまま。

楽農ファームたけした

〒831-0045 福岡県大川市大字大野島427-1

TEL:0944-87-8133(平日9:00~17:00) | FAX:050-6865-6863(24時間受付)

MAIL:rakunoufarm@happy15.jp