楽農ファームたけした

楽農ファームたけした日記

農場で苺を育てるみんなの声や最新情報などをお届けします。

筑後川ブランド大会グランプリ受賞の【完熟あまおう85%ジャム】!

2021/01/25 by 武下 浩紹

こんにちは!楽農ファームたけしたです。楽農ファームたけしたと言えば、あまおう。そして、最高に美味しいジャムを販売している農家として、ご存じ頂いている方も多くおられることでしょう。このジャム、誕生も製造も全て自社製!もちろん、自信作!今回は、現在に至るまでの道のりについてご紹介いたします。

ジャム作りは、怒涛の中で

生産農家である一方、ジャム、ジェラート、フローズン、フリーズドライと数多くの加工品を販売している楽農ファームたけした。その中で販売第一号を飾ったのが、完熟あまおう85%ジャムです。その分、思い入れも非常に強い商品であり、語りたいことがたくさんあります。最後までお読み頂けましたら幸いです!

平成18年、産直農家としてスタートした頃の楽農ファームたけしたでは、ジャムの製造は母が担当していました。母のこだわりがたっぷりと詰まったジャムは、着実に人気を獲得。すぐに、某宅配会社のアイテムにも取り入れられることになりました。
しかしながら、当時はまだ経営の詰めが甘く、価格設定を失敗してしまい赤字に……。他にも、卸取引を行うも利益が残らなかったり、某オークションサイトで販売して原価割れを起こしたり。
母には本当に申し訳ないことをしました。今でも反省しきりです。

そんなある日、クチコミサイトで名高いとある会社が主催するイベントに巡りあい、あれよあれよと、同イベント内にて手土産企画に出品することに。そして、ジャムの製造は、とあるジャムメーカーさんに委託を決めたのです。メーカーさんと言うことは、プロの方。それに、間にはコンサルタントも入って頂けています。「絶対に成功しますよ!」という力強いお言葉も得て、「今回こそは!」と意気込み挑んだものの、結果は撃沈……。販売数はわずか数本。300もの在庫を抱える事態に陥ってしまったのでした。

そこから学んだこと、それは、『楽農ファームたけしたの理想とするジャムを作れるのは、自分たちしかいない!』ということ。ジャムメーカーさんの常識と、楽農ファームたけしたの常識には、大きな壁があるということを、つくづく感じたのです。
そしてもう一つ。第三者の言う「絶対に!」という言葉は信用してはいけないと言うこと。信じられるのは、自分の感覚のみ。『感覚』と言うと不確かなように聞こえてしまいますが、それは自分自身の経験値や熱い想いが土台となっているものであり、実はこれこそが一番信用できる指針なのだと、今は感じています。

ちなみに、その時に抱えた300本の在庫は、友人の協力も得ながら、どうにかこうにか売り切りました。まさに怒涛の日々。そしてそんな中で、楽農ファームたけしたのジャム作りが、母から妻にバトンタッチされることとなったのです。

完熟あまおう85%ジャム、誕生!

妻には、たくさんのやることがありました。まだ小さな子ども達の世話、そしていちご作り、その中で加わったジャム作りという新しい役割。
怒涛の日々の中で先行き見えず、しかも慣れない作業、きっと大変な日々だったことと思います。
プラス、妻にはテニスの後遺症で肘が悪く、ジャムの瓶を締めるというジャム作りには必要不可欠な作業に苦痛を伴うという辛さもありました。
私の役割は、営業し、受注すること。製造は、妻に一任することとなります。ここが、メーカーではない辛さですね。しかしながら、大変な部分やできない部分はスタッフが手伝ってくれ、しっかりとサポートしてくれました。

妻は、一意専心の人。「ひとくちで記憶に残る味」を目指し試行錯誤。幾度も幾度も試作し続けました。
まずこだわったのが、『産直農家だからこそできる、濃いあまおうジャムを作る』ということ。
もちろん、濃さとは甘さではなく、あまおう感の強さのことです。主役はあまおう。そこで、含有量を極限まで上げ、85%にすることにしました。これは、市販のジャムと比べると、驚異的な高さです。そして残りの15%が、砂糖とレモン。こちらも、深い甘みが出せるきび砂糖や国産レモン果汁を使用することとし、こだわり抜きました。材料は、あまおう・きび砂糖・レモン果汁の3点のみ。シンプルだからこそ、そのこだわりがしっかりと感じられるものなのです。
製法も、あまおうの良さをお伝えできるよう、ごろごろ丸ごとの果肉感がしっかりと残るように。

その努力が実り、お客さまからは「まるで生のままのあまおうを食べているようなジャム!」と評価いただけるまでになったのです。

筑後川ブランド大会にて、グランプリ受賞!

時を重ね、ジャムを作る環境が整い、妻の努力が実り、スタッフも成長。お中元のギフトになったり、とある法人の記念品や郵便局ギフトに採用頂くなど成果を感じられることが多くなってきた中、地元の筑後川ブランド大会コンテストにて、グランプリを受賞致しました。2018年夏のことです。

支えてくれたのは、妻、スタッフ、そして前身を作り上げてくれた母。
ひと瓶の中に詰まっているのは、たくさんのあまおうとたくさんの想いです。どうぞ、お召し上がりください!

今でも、受注後の製造にこだわります!

楽農ファームたけしたの完熟あまおう85%ジャムには、「ジャム」とひとくくりにはできない美味しさがあります。
この美味しさが伝わり、着実にファンを増やし、多くの受注を頂けるまでになりました。
それにより現在の製造は、スタッフによって行われています。格段に増加した注文数に応えるには、さすがに妻ひとりでの対応ができなくなったのです。もちろん、妻よりスタッフへ、細かく、こだわりと技術が引き継がれての製造です。
頼れるスタッフが育っていることも、楽農ファームたけしたの財産のひとつですね。

妻の作り上げた味をスタッフが守る。そんな愛情のバトンタッチが出来る環境であるからこそ、他では買えない味がここにはあるのです。

ごろごろ丸ごとの果肉感が味わえる完熟あまおう85%ジャムを見る

ファーム日記トップへ戻る

楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト
楽農ファームたけした 苺農家の通販サイト

苺狩りの感動をそのまま。

楽農ファームたけした

〒831-0045 福岡県大川市大字大野島427-1

TEL:0944-87-8133(平日9:00~17:00) | FAX:050-6865-6863(24時間受付)

MAIL:rakunoufarm@happy15.jp